賃貸物件で水漏れなどトラブル・トイレの交換

トイレの交換ですが、賃貸物件で生活をするにあたり、自分で大掛かりな工事をすることはできません。しかし、温水洗浄便座を設定されている所では、水漏れなどのトラブルが起こることも想定されます。その際には管理責任者に相談することが前提ですが、お好みの機器を設置されたい方もいるでしょう。温水洗浄便座における、トイレの交換をする際のポイントを紹介いたします。

■トイレ水漏れなどトラブル対応は管理責任者への相談が前提

温水洗浄便座をはじめ機器の水漏れが起きた際のトイレの交換ですが、予め管理責任者への相談が前提です。了解をとった上でトイレの構造上問題が無ければ、自分で設置しても概ね問題ありません。
一方、退去時の契約では原状回復を原則としています。もちろん機器の性能が高くそのまま設置していてもいいとされる場合もありますが、新たな入所者の気持ちになると、いい印象を与えないこともあります。水漏れなどのトラブルも稀に起きてしまうことがあり、後々トラブルにも繋がりかねません。場合によっては損害賠償を請求される事態となります。
設置時はもちろん、退去をする際にも管理責任者に相談をすることでトラブルと防ぐことに繋がります。予め設置されている温水洗浄便座は処分することなく保管をしておくようにしましょう。

■賃貸物件で温水洗浄便座トイレトラブル時交換・水漏れ修理

温水洗浄便座における水漏れが原因でトイレの交換をする前に、修理をご自身及び専門業者に依頼する際のポイントを紹介します。
保険対応が気になるところですが、温水洗浄便座の場合は故意での故障でなければ、管理責任者が支払うことになります。保険対応は、床下浸水などのトラブル発生時に賄う場合です。
温水洗浄便座の水漏れが起きた際の応急処置ですが、止水栓を見つけて止めてください。機器の修理は、外部の金具・ナットの場合は工具や知識があれば、自分で出来る場合もあります。あくまでもこれらは応急処置ですから、管理責任者に報告をした上でメーカーや専門業者に依頼する流れとなります。特に賃貸物件で予め設置されている機器の場合は、応急処置をした後も使用を続けることはやめてください。

■まとめ
温水洗浄便座における水漏れトラブルですが、トイレの交換が必要な場合は予め管理責任者に相談してから対応することが重要です。個人的に気に入っているメーカーや機器があり、設置を自分でする場合においても、トラブルを防ぐためには必要です。保証ですが、機器の場合は概ねメーカー保証です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ