賃貸物件で主な水漏れの原因とトイレの交換

温水洗浄便座を賃貸物件にて予め設置されているところも増えています。その際のトラブルの一つにトイレ水漏れがあります。原因は機器内部の劣化や故障などいくつかあります。温水洗浄便座のトイレの交換も選択肢の一つですが、原因を見つけるためのポイントを紹介します。

■本体以外でのトイレ水漏れの原因

温水洗浄便座のトラブルですが、本体以外にあるトイレ水漏れの原因と対処を紹介します。ノズルからの水が出続けていると、床下浸水などのトラブルに繋がりかねません。慌ててしまいがちですが、リモコンの電池切れが想定されます。便座の脇で操作できるものは、コンセントで対応するため心配ありませんが、離れた場所にあるものは電池交換をしてみて下さい。
解決しない場合は、ノズル弁の故障の可能性があります。内部の電気系統の故障が原因で発生することが主な原因です。トイレの交換も選択肢に入れつつ、修理の際は電気に関する知識が必要ですから、自分での対応はやめて管理会社を通じて専門業者に相談しましょう。
ノズルが引っ込まなくなった場合は、出し入れ時のスプリングの故障が考えられます。手で押し込むと元に戻る場合があります。賃貸物件の場合は、修理した後でも管理会社へ状況を報告するようにしましょう。

■温水洗浄便座本体におけるトイレ水漏れの原因と対処

温水洗浄便座本体の水漏れが起きた際の原因と対処のポイントを紹介します。
本体のトラブル時に見られる症状は、内部での水漏れです。原因は、本体内部のホースが切れることでノズルまで水が行き届かなくなったことなどが考えられます。特に水漏れした状態で電気コードに触れると感電を引き起こしますから、注意が必要です。トイレの交換を選択肢の一つとして、管理責任者に連絡し、専門業者に相談しましょう。応急処置として、止水栓を閉めて電源プラグを抜きます。
便座の脇からの水漏れの場合は、水抜き栓のトラブルが当てはまります。これは本体内部における水を抜く際に必要な栓ですが、パッキンが傷むことで水漏れを引き起こすことがあります。相応の知識や工具が必要なため、自分で修理することは避けましょう。

■まとめ
賃貸物件にて温水洗浄便座を設置している所は多いですが、経年劣化に伴う水漏れ及び機械のトラブルは起こり得ます。応急処置以外では電気系統においての知識を必要とする作業が多く、自分で修理することは難しいです。温水洗浄便座のトイレの交換が必要な場合も含め、管理責任者に報告した上で専門業者に依頼してからの対応となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ