賃貸物件でタンクからのトイレ 水漏れの対処

トイレ 水漏れにおいて、タンクからのトラブルも少なくありません。水が流れたままになっている状態であり、たとえ症状が小さくても放置しておくことで、水道代高騰に繋がります。タンクの中にある備品の劣化やずれが主な原因ですが、各種トラブルに備えた対応を紹介します。

■トイレ 水漏れに備えて、タンク内のパーツ確認が必要

賃貸物件においては、入居者が退去した後、新規契約者が快適に生活を送ってもらうために、部屋のクリーニングや点検は欠かせません。一方トイレの点検をする際に、タンクの中など細部については目が届いていない場合があります。
自分で確認する場合のポイントですが、3つのパーツを確認します。浮き球ですが、上下に動くかの確認と、ヒビや水たまりの確認をして下さい。止水栓からタンクに繋がっているボールタップについては、劣化していると水が流れたままの状態になり、ひどい場合だとトイレ 水漏れの症状に繋がります。排水口とタンクをつなぐ線であるゴムフロートは、止水栓を閉めて確認するようにしましょう。水が流れ続けている場合は、ごみが溜まっていたりずれている状態です。
各種ホームセンターで部品を購入し、修理することもできますが、予め管理責任者に相談すると、費用も出してもらえますし、対処もしてもらえます。

■タンクのトイレ 水漏れを防ぐ対処は応急処置の知識が必要

タンクの中にある備品は消耗品であり、トイレ 水漏れを防ぐための大きな役割を担います。経年劣化による消耗も原因の一つですが、可能な範囲にてトラブルを防ぐためにも、定期点検や大切に扱うことが必要です。特にお子様がいる家庭の場合では、力加減がわからず乱暴に扱う場合がありますから、注意が必要です。
管理責任者を通じて専門業者を依頼する場合でも、対処してもらうには相応の時間がかかることがあるので、自分で応急処置ができるといざという時に心強いです。床周りに新聞紙を敷くことで、床を水浸しになることを防ぎましょう。止水栓を閉めることで水がこれ以上流れることを防ぎますが、可能な範囲でトイレ 水漏れの原因を見つけるようにすると、対応がスムーズになります。

■まとめ
タンクのトイレ 水漏れが起きると、床下が水浸しになることはもちろん、水道代高騰に繋がります。タンクの中の構造を理解して備品の状態を定期的に確認することで、トラブル対応がスムーズになり、快適に長期間使用することができます。応急処置の知識を持ち、お子様がいる家庭ではトラブルを想定して教育することも、トイレ 水漏れを防ぐにあたり必要な要素です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ